カテゴリー別アーカイブ: ストレス

現代のシステムエンジニアが抱えるストレス

システムエンジニア(以降「SE」と略す)という職種には様々な仕事が求められます。
プログラムの作成を行うこともありますが、基本的にそれは「プログラマー」の仕事です。SEの仕事としてシステムの構築でまず行うことは顧客のニーズを引き出し、システムに求められる機能をまとめ上げることです。顧客と言っても様々ですが、中には無理な機能要求や度重なる仕様変更を繰り返してトラブルになることもあります。SEの大きなストレス原因として顧客とのトラブルというものが上げられます。

特に大きなトラブルになると会社や組織として対応が必要な場合もあります。その場合は多くの人員が動くこともあり、予定外の工数が発生して「赤字」を引き起こすことにもなりかねません。システム構築の失敗によっては自身の評価が下がり、ペナルティを受けるなどこれもストレスの大きな要因となります。システム構築では多くの場合時間に追われます。原因には様々ありますが、想定外の問題が発生してスケジュールに遅れが出ることは少なくありません。遅れはリカバリにより取り戻す必要があるため、毎日終電までの残業や時には徹夜もあります。突然の休日出勤が必要になり週末の予定をキャンセルし、家族や恋人から責められストレスを感じることもあるでしょう。

開発が終わり導入した後も油断はできません。
システムには「バグ」と呼ばれる不具合が付きものですが、これは商品で言うと「不良品」にあたります。そのため顧客から強いクレームを受けることも多く、早急な対応が必要となり精神的、肉体的ともダメージを受ける原因になります。
そんなストレスを抱えるシステムエンジニアに最適なストレス解消法はこちらから。

システムエンジニアのストレスマネジメント

システムエンジニアはプログラムの開発を一任されたリーダー的な存在です。その為、プログラム開発におけるあらゆるトラブルに対応しなければならないため、責任のある仕事とされます。
また、各スタッフのスケジュールを調節し、決められた期日までにシステムを完成させなければなりません。その為に、プログラムの開発状況によっては心的なストレスが大きくなるケースも見受けらます。

しかしながら、クライアントのニーズに応えることが出来た際には、プロジェクトリーダーとしての達成感を味わう事もでき、各スタッフからの信頼も高まる為、大変やりがいのある仕事です。システムエンジニアは、エンジニアとコミュニケーションをとりながらプロジェクトを円滑に進行させなければなりません。よって、コミュニケーションがうまく取れない際には、ストレスが溜まりがちです。その為、ソフト開発のプロジェクトがスムーズに遂行できるようにスタッフ同士の協調性を高めたり、場の雰囲気を和ませ計画通りにプログラムを開発していく努力が大切です。

よって、周囲の雰囲気を敏感に察知し、時には個々のスタッフのストレスの緩和を促す言葉を掛けるなど、リーダー的な心遣いが重要になるのです。ソフトウエアの開発においては複数のスタッフの連携作業が不可欠な要素となるため、システムエンジニアにはエンジニアとしてのコンピューターの知識だけではなく、職場の協調性を高める努力も必要とされます。