カテゴリー別アーカイブ: 過信

ストレスに強いシステムエンジニアの心得

人は強いストレスを受けると、体に異常を感じるようになります。こうした体の反応は、一種の防衛本能のようなものです。
しかし人によっても、体質には違いがあります。同じ負担を仕事で受けたとしても、異変が生じるかどうかは違いがあります。システムエンジニアの仕事は、なにかとストレスが多い仕事です。ならば、できるだけ仕事の負荷に強い体質を持った人が、この仕事に向いているとも考えられます。ただし、生まれもってのタフさは、かえってリスクとなる点に注意が必要です。

過信しすぎると、心身の負担が限界を超える危険性があります。いくら耐性があるからといっても、人間である以上は限界が存在します。あまりに無理が続くと、体を壊してしまったり、あるいは精神に変調をきたす場合があります。システムエンジニアの中でも、これまでなんともなかった人物が、職場を離脱するといったケースは良く見られます。
このような事態に陥らないためにも、きちんとした自己管理が大切です。仕事の負荷に強いからといっても、過信は禁物です。きちんと休息を取り、体調を整える心掛けが何より大切です。

ここぞというときこそ、仕事の負担に対する強さを発揮する場面です。
そのような重要な局面が訪れるまで、できれば十分に体をいたわる配慮が必要です。システム開発の現場で長く働いている技術者は、仕事の負担に強い体質を持つだけでなく、自己管理能力もまた強い特徴を持っています。